「パパラギソング」のホームページ
  2019.3.16 更新 (表紙の情報の更新)













~人間の仕事 それは喜び~





企画・制作 ラウラウの会  販売価格 1,000円
問合せ クッキングハウス 042-498-5177   
 

クッキングハウスのホームページ    発行したチラシ類・新聞の紹介記事

 笠木透さんのページ     パパラギソングと本「パパラギ」のページ



CD文庫「パパラギソング」とは

          

 「中津川フォークジャンボリー」(1969年~1971年にかけて3回開催)を企画したことで知られる
フォークシンガー・笠木透(2014年12月22日逝去 享年77歳)さん。
 
 その笠木さんが1980年代の前半に作った歌に「パパラギソング」という歌があります。

「パパラギソング」とは、笠木さんが1981年に出版された本「パパラギ」(※1)を読んで感動し、11編の詞を書き、
当時一緒に全国を回ってコンサート活動をしていた安達元彦さんが曲を付けた歌のことです。
 
 「パパラギ」とは白人を意味するサモアの言葉で、本は1920年代にヨーロッパを旅したサモアの酋長ツイアビが、
「近代的であっても非人間的」なパパラギの生活を、サモアでの自分たちの生活と比較して、
「パパラギのように生きるのはやめよう」と説いた話をまとめたものです。(※2)

 笠木さんは、1980年代には「パパラギソング」をコンサートで良く歌ったものの、
それ以降は、ほとんど歌うことがありませんでした。CDにも収録されず、いわば「幻の歌」となっていたのです。
 笠木さんの死後、「パパラギソング」をCDにしたいと書き残していたことがわかり、
その遺志に応えようと笠木さんと関わりのあった人たちで、
2018年4月に「ラウラウの会」と名付けたCD制作委員会を立ち上げました。

 会の立ち上げから8ヶ月、歌詞や楽譜、笠木透のコメントなどを載せたブックレット付きCD文庫は、
笠木さんの4回目の命日である12月22日を前に完成しました。定価1000円で販売中です。

 12月17日(月)には「CD文庫完成記念コンサート」を府中市の「バルトホール」で開催することも出来ました。

CD完成記念コンサート


(※1・・「パパラギ」初版は、1981年に立風書房より発行。 現在は「ソフトバンク文庫」に収録されています。)   

(※2・・酋長ツイアビがヨーロッパを旅し、島の人々へ「パパラギ」のことを語ってた1920年代、同じサモアで一本の
  ドキュメンタリー映画「モアナ」が撮影されました。そのデジタルリマスター版が2018年に日本で公開されました。
  奇しくも「パパラギソング」制作と同じ年のことです。配給会社と連絡をとり、協力していくことを確認しました。)
  

ラウラウの会 名前の由来 
サモアには「ラウ」という言葉があります。「私の」という意味と「あなたの」という意味を含んでいる言葉です。
ものの所有を表す言葉に、これ以上の言葉はありません。「私の」であって「あなたの」でもあるのです。
その「ラウ」という言葉を重ねて、CD制作委員会を「ラウラウの会」と名付けました。





 CD作りに参加した人たち ラウラウの会の歩み



CD申込用紙 

(クッキングハウスに電話するか、この用紙で申し込んで下さい)


 PDFの申込用紙(ダウンロードして下さい)









 
終了したイベント等の記録


春のロビーコンサート   (終了しました)

時代を越えて、もっと自由に人間らしく

安達元彦 ピアノ弾き語りコンサート

出演  安達元彦  秋山ちづる 

3月16日(土) 14:00~15:40   於:調布市西部公民館ロビー

  
 


パパラギコンサートに参加された職員の方が、安達さんの「僕らは核時代の子どもたち」に感動して
是非コンサートを開きたいと連絡を取ってきたことで実現した「ロビーコンサート」です。


 西部公民館への地図     調布市のお知らせページ 


パパラギソングCD文庫完成記念コンサート


記録DVD上映会 (終了しました)

2月27日(水) 13:00~16:00  於:クッキングスター

スペシャルゲスト:安達元彦 岡田京子 増田康記 熊倉正博

参加費 1000円(ティータイム付き)

2018年12月17日(月)に行ったコンサートの記録DVDを上映します。

この日出演者の安達元彦さん、岡田京子さん、増田康記さん、熊倉正博さんも参加されます。
DVD上映後にサイン会も行いますので、購入したCD文庫、安達さんの本があったらお持ち下さい。

当日来られなかった方、もう一度感動をかみしめたい方、どうぞお越し下さい。



  


当日、会場にあります

    CD文庫「パパラギソング」        1000円

音楽の「根」を掘る 安達元彦       3700円

    歌がなくては人間らしく生きてはいけない 3500円


 クッキングスター(クッキングハウスの2階)への地図  (tel:042-498-5177)
 


映画「モアナ」と「パパラギソング」のコラボ企画 (終了しました)


2月9日(土)~2月15日(金)  ミニシアター「ユジク阿佐ヶ谷」

期間中 毎日14:15~「モアナ」上映 (上映時間:98分 料金:1,500円)

2月10日(日)に行われた松田悠八さん(ラウラウの会)のトークショーの模様は

ユジク阿佐ヶ谷のフェイスブックにアップされています。 (下にリンクあり)

          

1920年代のサモアの人々の暮らし撮った映画「モアナ 南海の歓喜」。 
それは奇しくも、ヨーロッパを旅したサモアの酋長ツイアビが、
その見聞を島の人々に演説したのと同じ時期。
      
映画「モアナ 南海の歓喜」(デジタルリマスター版)の日本公開と
「パパラギソング」のCD文庫制作は、ともに2018年という不思議。

両者のコラボは、出会うべくして実現したとも言えます。
   


 ミニシアター「ユジク阿佐ヶ谷」    「モアナ 南海の歓喜」公式サイト      

     
 「ユジク阿佐ヶ谷」フェイスブック           コラボ企画のチラシpdf
 
 
各ページへの移動

   
 トップページ(表紙)     チラシ・新聞等掲載ページ     CD制作記録掲載ページ      笠木透さんのページ    


    パパラギソングと本「パパラギ」のページ      
CD完成記念コンサートのページ      リンク(パパラギの輪)のページ 


    更新記録 2019.1.23 ホームページ公開  1.24 新着情報①②等アップ  1.25 新聞記事等アップ  1.26 CD制作の記録等アップ  1.28 パスの内部指定修正
   1.29 笠木透さんのページアップ    1.30 笠木ページ楽譜本アップ      1.31 パパラギソングと本のページアップ 各ページへの内部リンク作成   
   2.1 コンサートの記録のページ リンクのページアップ   2.2 「コンサートの記録」と「パパラギソングと本」のページを加筆  2.4 笠木さんのページ加筆
   2.5 表記方法の修正  2.6 CD情報加筆  2.7CD情報加筆②  2.9CD情報加筆・完了  2.12CD情報1つ追加 2.15検索サイト登録の適正化
    2.16、2.17、2.19表紙の記述修正
  2.22 安達さん情報の更新  2.27 表紙情報更新 3.5笠木さんの著作加筆  3.8笠木さんCD情報加筆・整理
    3.16 表紙情報の更新
   
            



inserted by FC2 system